オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気のお仕事

ハート

風俗というとあまりよろしくないイメージを持たれている方が多いと言われています。
ですが、風俗は男性を癒していくお仕事で、日頃からお仕事に勤しむ男性を、癒してあげることができます。
男性の快楽のサポートをするため、様々なテクニックが身につき、恋人や旦那さんを気持ちよくしてあげることができます。

そのような風俗の求人の中でも人気のあるのがエステです。
性行為を行わず、マッサージだけで男性を癒していきます。
高収入で、手に職をつけることができ、エステティシャンの資格を取ることができるため、若い女性から主婦層に至るまで、お仕事を行う女性が増えています。

お仕事の流れ

女性2人

風俗でのエステと言われているお仕事は、求人が多いと言われています。
お店で働きたいけど、どのようにお仕事を行うのか分からないという方も多いと言われています。
そのような風俗のエステのお仕事の流れをご紹介していきます。

①出勤する
エステのお店に出勤し、お店の中で待機します。
お店によっては、デリバリーヘルスと同じようにお客さんの指定先に出向く場合と、お店の近くのホテルでサービスを行うことがあります。
制服などがあるため、自由な服装で通勤できます。

②お客さんから予約を受ける
お客さんから予約が入ったら、お客さんのお部屋に移動します。
お客さんの指定先に出向く場合には、スタッフが送迎してくれる所もあるため、安心してお仕事を行うことができます。
お仕事に使う道具を忘れないようにしましょう。

③接客開始
お客さんに会ったら、挨拶を行い、コミュニケーションをとりましょう。
初めてのお客さんなど、性器に触れていくので緊張されている方が多いと言われています。なるべく楽しく会話を行い和ませてあげることが肝心です。
マッサージを施すときには、ゆっくりと一つ一つの筋肉をほぐしていくことが大切です。
テクニックを活かしていきながら、お客さんを癒していきます。

④接客終了
お客さんにご挨拶を終えて、お部屋から出ていきます。
お客さんと、一緒に部屋を出る場合には、会話を行いながら、時間の指名のチャンスを作っていきます。
見も心もリフレッシュされたお客さんを見送って、お仕事を終えます。

このような流れエステの業務を行っていきます。
一人のお客さんにつき、1時間から3時間のサービスを行っていくので、一日平均に4から5人のお客さんの相手を行っていきます。

身だしなみ

タオル

風俗求人の中にある、エステと呼ばれているお仕事は、男性専用エステ、回春エステと言われています。
一般のエステやマッサージ店と比べ、性器に直接触れてマッサージを行うため、気持よくなることができます。
通常の風俗店と比べると、お客さんに触れられることがなく、ハンドマッサージのみのサービスを行っていきます。

エステのお仕事を行う際には、準備が大切になります。
お仕事を行う女性スタッフのことをセラピストと呼び、接客の際の正しい身だしなみを行う必要があります。
セラピストはお客さんを癒してあげるお仕事なので、好感の持てるようなメイクを行うと良いと言われています。
お客さんに密着して行うお仕事なので、香水などの香りの強いものは控えめにしましょう。
マッサージをお客さんにしていくので、指の爪は短く切り揃える必要があります。
ラインストーンなどの装飾が付いているネイルは、仕事前に落として出勤します。
業務で使用する備品などは、すべてお店が用意するため、自分で買い揃える必要がないと言われています。